掛橋佑水プロフィール

violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]3歳よりピアノを始め、
その後ヴァイオリンをはじめる。
桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学演奏学科卒業。故、江藤俊哉氏、江藤アンジェラ氏に師事。

 卒業後、オーストリア、ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院へ留学、ル・ジェーロ・リッチ氏に師事。
当地のキッツビュール主催コンサートにおいてはリッチ氏と共に出演。
オーストリア、ドイツの各地で演奏活動。
古楽演奏法にも携わる。

又、室内楽をジャン・ジャック・カントロフ氏に師事。
その後、ハンガリー政府給費留学生として、ブタペストのリスト音楽院留学。故、タートライ・ビルモシュ氏に師事。
当地において音楽院推薦コンサート、日本大使館主催コンサートなどで演奏を重ね、好評を博す。

フランス・トゥールマスタークラス、オーストリア・ザルツブルグ夏季国際アカデミー他、マスタークラス修了。成績優秀により選抜コンサート出演。

東京国際芸術連盟新人オーディション、及びコンセールヴィヴァン新人オーディションに合格。
国際コンクール第2位入賞。
NHK特別番組により小笠原諸島、ヨーロッパ各地にて室内楽演奏。
キングレコード企画によるCD録音。
天満敦子氏等と紀尾井ホールガラコンサート、又、サントリーブルーローズ、音楽の友ホール、オペラシティにて、YAMAHA、KAWAI主催でもリサイタルを重ね、音楽雑誌(音楽芸術等)で好評を得る。

またオーストリア大使館にて演奏。
日本テレビに出演。
東京国際フォーラムでのミレナリオ年末イベント、またラフォルジュルネエリアコンサートでも毎年演奏(2006年は、フジTV提携で「のだめフェスティバル」。
「コバケンとその仲間たちオーケストラ」ではサブコンサートミストレスも務め、室内楽ではN響メンバーや、ソリスト達とコンサートを重ねている。