violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のライナーノーツ

バルトーク / ルーマニア民族舞曲 Sz.56

2013年11月26日

バルトーク(1881~1945)●八ンガリー

ハンガリーの生んだ二十世紀最高の作曲家パルトーク。

彼は国民音楽の創造を決意し、音学院での1級下の僚友コダーイの協力を得て、農山村に保存されているマジャール古民謡を幾千となく採譜するという考古学的ともいえる難事業を長年にわたって続け、その民謡を彼の音楽創造の基礎にすえ音楽の新しい可能性を切り開いた。

この舞曲の原曲は「ハンガリーにおけるルーマニア民族舞曲」という彼が34才の時の作品である。農民舞踏・脱穀の労働歌・角笛のおどりなど、それぞれにおもしろく、変化に富んだ小曲がたくみに配列され、全体としても程良い長さにまとめられた舞曲集である。(日本初演は1951年メニューインの来日プログラムに加えられている)