violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のライナーノーツ

サラサーテ / ツィゴイネルワイゼン

2013年12月6日

Zigeunerwaisen Op.20 (P.d.Sarasate)

サラサーテ(1844~1908)、スペインの世界的ヴァイオリンのヴィルトゥオーソ。

軍楽隊員の息子に生まれ、12歳で王妃に招かれ演奏している。
自作品も演奏しながら半世紀にわたり、世界的に演奏旅行した。

スペインの民族色を出して、技巧的で叙情的な小品を多く残した。
その代表的作品が、スペインジプシーの舞曲をもとにツィゴイネルワイゼン(ドイツ語でジプシーの歌の意)を1878年作曲した。
ジプシーの情熱や悲哀が華やかさの中に表現されている。