violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のライナーノーツ

バッハ / シャコンヌ

2013年12月7日

Chaconne from Parutita for solo violin No.2 (J.S.Bach)

バッハ一族の中でも最も有名な、大バッハ(1685~1750)と呼ばれるドイツの作曲家。
バッハ家は、ドイツで16世紀から約2世紀に渡り、大バッハの4人の子供を含め50人以上の音楽家を世に出した。
自身は8人兄弟の末子。

音楽家として恵まれていたとも見えるが、今日のように脚光を浴びるのは、他の多くの芸術家同様、死後久しくたってからである。

主にオルガン曲、コラール(教会音楽)の作曲が、膨大な数残っている。
このシャコンヌは6曲から成る無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ(変奏曲、組曲の意)の第2番、終楽章にあたる。