violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のライナーノーツ

ショパン / 夜想曲 ♯ハ短調(遺作)

2013年12月8日

Nocturne,Op.Posthumous (F.Chopin)

ショパン(1810~1849) ポーランドのピアノ音楽最高の作曲家。
フランス人とポーランド人の混血で、ピアノ演奏技術は、習わずして自己流で秀でていて、独創性の生きた即興も巧みだった。
彼の人生は純粋な愛とその実らぬ痛みを抱えていた。

しかし彼の作品は霊感を得ているようにセンチメンタルかつ詩情的で、ピアノ音楽として最高無比なものである。
この夜想曲は、病気がちで39歳の若さで亡くなった、ショパンの遺作である。
それを現代のプァイオリン奏者の巨匠、ミルシュタイン(N.Milstein)が、ヴァイオリン曲に書いた。