violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

一見慌ただしそうで、慌ただしく思わない日

2003年10月18日

朝からコンサートのお手伝いがてら、リハーサルと本番を聴いて、その後別な場所で、又演奏やお話を聴きました。
お昼を食べれず、最近良く食べるようになってたのもあって、余計にお腹が空いて・・でも、同じ場所で行動されていた70歳を超える方も、(しかも私より早くから来られていて仕事量も全然違います・・)同じ状況なんですが、「全然平気だよ」、なんて言われて休まずニコニコお仕事を続けられている姿をみてしまうと、複雑な心境というか?。
夕飯は後半の演奏者の方もまじえ、色々な音楽の会話が聞けて、1日中有意義でした。
今日の演奏(家)の考え、クラシック界の状況、舞台裏、ヨーロッパとアメリカと日本の音楽(家)の違いや、アンサンブルについて、聴衆者の意見、色々・・ノートに書きとめておかないと、あまりに沢山の言葉で・・でも、全部スーっと心に受け入れられる事ばかりで、とても楽しかったです。
(演奏者はウィーンフィルのメンバー、天満敦子さん、他素晴らしい方達)