violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

励ます会・・・

2003年10月31日

今日は、すっきりしたというか、気が引き締まったというか・・行くまでは、どうしよう・・と思っていたんですが、お話はとても興味深かったです。
場所は旅館の様な日本料理のお店。
そんな所で私などの為に???

政治界、銀行の創業からの歴史?や、ゴルフ、教育論、そして勿論1番は音楽(界)のお話、これからのこと・・etc。
政治なんて・・と言ったらいけないんですが、普通なら、眠くなるはずが、もっといくらでも聞いていたいという場でした。
色んな名前や年代が完璧に頭に入っているなんて、信じられない・・!しかもおもしろい。
お話してくださっている方のお話の方向が、どんなに偉くても偉くない人でも、良い面と悪い面を合わせもち、両方でその人なんだと、最後に落ち着くのが見え、しかも何を持ってこられても、ある意味見方が変わらないから、楽しくて分かりやすいのかな??。
例えばプロゴルファーの丁度球の当たるところが、模様みたく傷がついている。
と言う事は50分の1秒以下の時間しか当たらない場所が常に同じ。
ピアノで言えば、鍵盤の中の1番音の芯が出るところを1ミリの狂いもなく常に叩いているのと同じこと・・とか通訳入り?で。
ゴルフの話だけでは、「へ~。
」で終わるところが、ピアノの事で比喩されると、「わ~すごい。
」となります。
こんなのは、今日の話だけでも100分の1の例です。
すべての話が関連していて、録音して放送してもらいたい位ですが、そうもいかないのが残念。
あっという間に閉店時間。
どうしよう、なんて、考えている場合ではありませんでした・・・・。
女々しいのかな?この使い方は、ちょっと違うか。