violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

続きです・・・

2003年11月3日

前回の日記の付け足しです。

モーツァルトは、子供の頃から1度聞いた曲は、全て覚えて、楽譜に書けたそうです。
200年の間、沢山の演奏家が、多様な弾き方(古典、現代・・)をしても、それに耐え、今も弾き続けられている。
後期の作品は大分変わり、とても深い音楽性を持ったものになったけれど、その頃の聴衆には反対に理解できず、受け入れられなくなった。

20世紀最高のヴァイオリニストにおいては、結局名教師にはなれなかった・・。
人生は遺伝子、環境、運できまるそうです。
(この意味を理解するには、長い時間が必要かも^^;)
他にも本当は、いくら書いても尽きませんが。