violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

終わってみれば?

2004年10月24日

先週末、六本木ヒルズの近くの某ホテルの、チャリティパーティで、ジャズのグループの方と、時間を分けて演奏しました。
会場はコンサート用ではなく(お料理は素晴らしいコース)、とても広いので、ヴァイオリンとピアノの生の音では、響きが出ません。
マイクは必ず必要・・と伝えましたが、なぜか本番ではマイクは殆ど切られた状態で・・・。
4人のジャズグループは、マイクも照明も私達の10倍以上入っていて、この差はなんだ?!と終了後、ピアニストと話しました。
だってピアニストはライトが無くて、弾く毎に体が冷えて行ったそうです。
しかも、リハーサルではマイクもライトもありました~。
こんなことは初めてで、ちょっとビックリ。

まぁ、この世界、色々あって当たり前か・・。
気晴らしができるという、ハートランドカフェという所に、連れて行ってもらいました。
が、電車時間もあり、タバコもすごかったので、30分位で、退場です。
しかもそのうち15分はトイレタイム。
なぜかというと、まず、トイレに行き着くまでに、人の波をすり抜けるのが一苦労、でトイレも混んで。。
外国人も多く、フランクな方が至る所にいて「もう帰るの?」と言われ「電車なくなるし、明日仕事なんだ」「こんどはヴァイオリンでバッハ弾いてね」「わかった、じゃーね。
」なんて感じでドレス等、大きな荷物抱えて帰ってきました。
(--;)外国人は、ごぐ自然な挨拶が、上手ですね。

そういえば、世界的有名な音楽家達も、この世界では、色々な事があったという話も沢山あるそうな。
それに比べれば、小さい小さい。

週末は甥っ子達がやってきて、さっき帰って行きました。
あまり遊んであげられなかったけど・・。