violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

御無沙汰な日記

2011年11月14日

今年の夏は蓼科の音楽祭でブラームス六重奏や、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ等々、小林研一郎先生と、室内楽を演奏して来ました。
八ヶ岳の大自然の中、癒されました。

ドイツ大使館に友人のバースデーパーティでは、日本にはない美味しいウォッカが。。
先日も、彼女のホームパーティに御招待頂きましたが、メンバーが外人さんばかりで、久しぶりに英語オンリーの会話で頭フル回転(笑)。
楽しみました。

実は夏前に、ちょっとした交通事故で、足を少しやられて、不自由な時期もあったのですが、マーラーを演奏した時に、お隣の方に有名な方なんですね!と言って頂き、あれ?と1年ぶり位に自分を検索してみたら、40万件以上の検索数?が(@_@
有り難いことです!日記書かないと!と元気になりました。
でも不自由な間も、良いことはありました。
ゆっくり本を読めました。
普段乗らないタクシーフル活用でしたが、運転手さんと面白いお話が出来て、実はすごい方だったり。
今家の修理?リフォームしてるのですが、とても頼りになる良い方で、助かってます!

最近では、紀尾井ホールでの歌のひらやすかつこさんのコンサートにヴァイオリンソロで演奏させて頂きました。
作曲家の武満徹さん、小林亜星さん、平井丈一郎さん、そしてバリトンの平野先生も音楽監督でいらしてました。

そして、一昨日は、友人のお父様の平山行雄様の米寿を祝う会でもソロ演奏させて頂きましたが、伊勢神宮、春日大社等々の宮司の方々や、皇室の方、日本赤十字ご夫妻等々、錚々たる方々が御出席され、びっくりしました。
プレッシャーでしたが、とても光栄でした。

大阪での演奏の折には、関西人のマナーの良さにちょっと驚いてしまいました。
電車では、老若男女問わず、席をさっと詰めてくれ、荷物もすぐに除けてくれ、人ごみでも人にぶつからない!何気なくみんな除けてくれてるんです!エレベーターでドアを開けていると、老夫婦が、背筋を伸ばしてお礼をしてくださり、人の邪魔にならないようスマートに隅に寄られてました(@_@
中華屋さんでも、お水を何も言わないのにすぐに次いでくれ丁寧にテーブルに置いてくれます!
こんなことで、驚いて感動するのも、本来はおかしな話かもしれませんが、本当に心が暖かくなって、エネルギーを頂きました!また行きたいです。