violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

留学2

2003年2月10日

昨日の留学話パート2。
色々ありますが、ハンガリーに初めて来た日。。ザルツブルグにすでに住んでいたのもあり、知り合いが駅まで来てくれるというのを、断って一人でブタペスト東駅に降りた時、教えられた地下鉄が工事中。
ドイツ語か英語のカタコト位できるだろうと、通りがかりの人に話しかけると、通じない。。ハンガリー語しか、だめだった。
(その時はまだ、私はハンガリー語は、できなかった)
しかしそのおじさんは、なぜか困ったまま立ち去ろうとしない。
「?」と思ったら、別な人に話しかけ解決してくれようと頑張ってくれたらしい。
でも、次の人も悩んでいる。。そして、あっというまに10人位、みんなで困っている。。あっけにとられてしまったが、でもみんななぜか真剣に困ってくれている。。
なんだか、らちがあきそうになく、「もういい、どうもありがとう」と言って、立ち去ろうとすると、「だめだ、どうするんだ?」と、腕をつかまれ、行かせてももらえず、「!!!??」。。少しして強引に立ち去ったが、(ずっとみんな困り果てたままだった。)
ハンガリー人は、本当に暖かい熱い血の通った民族である。
下宿先のおばあさんも、毎日のように、どこからか、お花を持ってきてくれたり、大切にしてくれました。
ハンガリー人は、人間味がたくさんあって、好きです。