violinist掛橋佑水[ヴァイオリニスト かけはしゆみ]のブログ

日本とヨーロッパでの響きの違い

2003年10月8日

日本よりヨーロッパの方が、季候が違うから、向こうは音が良く鳴る・・と、良く言われていますが、私はあまりはっきり実感した事は、ないような・・・。

「季候が違う」、というのは、「乾燥している」という事と言われてますが、生活の湿気や、緑も多いので、練習している分には、そんなに変わらない気が・・?。
アメリカの西海岸辺りは本当に乾燥していて、良く鳴るらしいと聞きました。
でも、ホールや教会等の演奏会場となると、話はやはり違うと思います。
確かに弾きやすいです。
構造や材質、又、古さ等の違いですね。
又、「響きが良い」と、「たくさん響く」、とも違いますが、弾きやすい「響きの良い」所だと思います。
弾いている方の感覚でしかないですが。